忍者ブログ
ホムペにできないSpiritualカウンセラーの日々 案内書 わたしの活動のページ
プロフィール
HN:
peaceful-heart
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1961/02/10
職業:
Spiritual Counselor
趣味:
????たくさんあります
自己紹介:
1961年 水瓶座
医療機器技術営業 デザイン関連などを経て

20年余り前に 現在に繋がるアドバイス カウンセリングを
専業とする

私自身 勤め人 転職 失業 起業
人生の急激な転換 神経症などの経験 失敗 失態 など
いつ 思い返しても 奇異で 波乱ある 酸いも甘いもある
生きざまを経験してきました

これらも 今では 守護霊達の皆さんへのアドバイスの 通訳となる
私に 必要な理解力を養うための 必然だったと理解できています

私を訪ねてくれる方は、あの時の私と同じ 疑問と葛藤を持ち
人生どう進むか 本気 で考え始めて
このままで いたくない もっと こう なりたいと
いう想いを持った 多くのクライアントさんと出逢いました

それこそ さまざな職業 状況のかたのお話を聴いています
一般の方から 著名な方 人生の終焉を間近にされた方
芸能人と呼ばれる方 電話帳に載っていない職業の方
年齢 男女 の区別なく の出逢です
全ての方にいる 守護霊達は 別け隔てなく
皆さんの 成長と 充実感ある日々を 応援しています
あなたが 今より、ほんのすこし 本気 になれば
必ずや、状況は変えられます
私は これからも そんな皆さんの応援していければ
願っています
カウンター
最新CM
[06/23 サカタ]
[01/11 うみ]
[01/11 うみ]
[11/25 ガンコちゃん]
[10/27 サカタ]
最新TB
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


これは、

何人かの人達について 思い巡らせているときに
思い出された 記憶とメッセージです

そして、

身近に 理解しがたい 
あなたの気にかける気持ちが、なぜ とどかないのかと
心砕いている人に 伝えたいと想い
ブログに書いています


多分

私は たくさん辛いことを 見てきたし 
経験もしているほうでしょう

そんな、私が 15くらいのころの想いを
言葉にしてみました

---------------------------------------------------------------------------------

辛いことの渦中に人が 佇み続けると 壊れていくのです
音も無く 自分の何かが 壊れていく
すべてが、どうでもよくなっていくようで

それでも、怖れても、いるのです 
自分が愚かだと人に気づかれる事を
自分が愚かだと認めることを

だから、壊れていくのを とめられないのです 
本当は とめたくないのかも知れません

自分と 共に 目の前に広がる 辛いことも
すべてを共に消せるなら 
すべてが壊れて消えるなら
無くなって消して欲しいから

とめたく ないのかもしれません



これは、幼い私の 記憶にある心の声です
確かに
こんな想いで生きていた時が ありました

三十年も前ですが
ノートに書いていたこと 覚えています

あれから
社会は 随分、豊かになって 
こんなにたくさん自由になれて
選べることができ、便利で 
そして、優しくなっても います

それでも、こんな想いを 

今 この瞬間 懐いている人が
たくさん いる

私は 今 そう感じることが
不思議にも想え 当然とも感じ

 
でも、あの時の 私のように
誰にも わかってもらえないと 思い込み
人の優しさを 疑い 疎ましく感じ
ふるえる自分を 悟られまいと 
心を闇にしまって生きて

出口など 探す気力すら あるのかさえ 
感じなくなっている 
凍てついた心の人が たくさんいることを
なぜか、見過ごせないのです



私は
ふと、誰が 私に この想いを伝えているのか?
誰が 私に あの時を思い出させているのか?
と考え感じようとしていると

何人もの 人のガイドたちが
私に 思い出し 理解してあげてほしいと
言っているような気がします


さらに、この心持ちでいた時は
とても、寒いのです 

心からの寒さが 
身体の奥から
伝わるのを思い出しました



これを読んで もしも、あなたのそばにいる人に 
あなたが 近づけた気持ちになってくれたなら

私は とても嬉しいです


そして、共感できると感じる人が 読んでくれたいたなら
聴いてください


私も そこに 今 あなたがいる場所に いました
出口は無いと想っていました


でも、私は 今 ここにいます 

小春日和の 穏やかなここに
あなたも いずれここにたどり着けます
私が 来られたのですから 
あなたも きっと・・・・・ 

だから

優しくしてくだい あなた自身に
虐めないでください 
それ以上 
あなた自身を


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- スピログ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]