忍者ブログ
ホムペにできないSpiritualカウンセラーの日々 案内書 わたしの活動のページ
プロフィール
HN:
peaceful-heart
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1961/02/10
職業:
Spiritual Counselor
趣味:
????たくさんあります
自己紹介:
1961年 水瓶座
医療機器技術営業 デザイン関連などを経て

20年余り前に 現在に繋がるアドバイス カウンセリングを
専業とする

私自身 勤め人 転職 失業 起業
人生の急激な転換 神経症などの経験 失敗 失態 など
いつ 思い返しても 奇異で 波乱ある 酸いも甘いもある
生きざまを経験してきました

これらも 今では 守護霊達の皆さんへのアドバイスの 通訳となる
私に 必要な理解力を養うための 必然だったと理解できています

私を訪ねてくれる方は、あの時の私と同じ 疑問と葛藤を持ち
人生どう進むか 本気 で考え始めて
このままで いたくない もっと こう なりたいと
いう想いを持った 多くのクライアントさんと出逢いました

それこそ さまざな職業 状況のかたのお話を聴いています
一般の方から 著名な方 人生の終焉を間近にされた方
芸能人と呼ばれる方 電話帳に載っていない職業の方
年齢 男女 の区別なく の出逢です
全ての方にいる 守護霊達は 別け隔てなく
皆さんの 成長と 充実感ある日々を 応援しています
あなたが 今より、ほんのすこし 本気 になれば
必ずや、状況は変えられます
私は これからも そんな皆さんの応援していければ
願っています
カウンター
最新CM
[06/23 サカタ]
[01/11 うみ]
[01/11 うみ]
[11/25 ガンコちゃん]
[10/27 サカタ]
最新TB
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2:08 2009/06/15
4月20日に 5年あまり認知症だった
 
親父が 他界し 49日が終え
 
落ち着くまでは 喪に服すつもりで
 
ブログもお休みさせていただいていました
 
クライアントの皆様からも 多くの弔慰を賜り
 
この場をかりて 御礼申し上げます
 
 
 
 
さて 先日 父の弔問者の方々への 挨拶まわりも 何とか終わり
 
本当に 一段落できるような 
 
少し大袈裟ですが そんな気分で
 
穏やかな時間を ゆっくりと楽しんでいると
 
 
 
ふと、親父のことを私は どれだけ知っていて
 
理解しているのだろうと?
 
疑問が湧いてきました!!
 
93年あまりの人の生きざま 親父の生きた時代には
 
戦争があり 大正 昭和 平成と貫いて
 
数字のうえでは 私は 親父の48年を 伴にしていることに
 
なるのですが・・・・・。
 
実際のところは・・・?
 
例えば、親父が 私にしてくれたことや 言ってくれた言葉は
 
覚えていても それが 親父を理解できていることに なるのでしょうか?
 
そもそも、親父は 親父の心とは 本質とは
 
家族 親子 そんな関係の中で 時に ぶつかり ときに教わり
 
超えたいと想い でも 私は 親父の何を・・・・?
 
確かに、育ててもらい 気にかけてもらい 
 
そこに、私がハンディを持って生まれたこともあり
 
人並み以上の想いがあったであろうことは
 
疑うつもりはありません
 
そんことではなく 
 
そもそも93年生きた 徳衛という人は
 
心で 頭で 何を考えて 何を望み どうなりたいとか?
 
なりたくないとか? 戦争にも行き 
 
93年間 頑張れたのは? 親父の何があったから
 
貫けたのでしょう?
 
私は 親父の本質に 触れられていたのでしょうか?
 
こんな、これまで考えもしなかった疑問が
 
私のなかに 湧いてきました
 
 
 
そもそも、人に惹かれたり 嫌ったりするのは?
 
何に 対して なのでしょう?
 
例えば 視覚的に? 行動に? 
 
どれも 変化しますし
 
期待通りとは限りません!!
 
 
 
私も どこかで私の 本質を 理解し、認めてほしい
 
確かに そんなように考え 周囲にも言っていると想います
 
でも、それって 私は 私の何を どうしてもらったら
 
納得しているのでしょうか 日頃は?
 
そして、私も 周囲の大切と 想っている人の 本質を
 
理解できてるのでしょうか?
 
本質?
 
人間なら その人 そのもの・?
 
 
 
 みなさんは、考えたことあるのでしょうか?
 
私は 人の意識は 肉体の中だけに とどまるものでは
 
ないと 確信できているので なおさら 疑問に感じるのでしょうが
 
意識と やりとりできる私でも その意識の大きさ広さ 奥深さ等など
 
とても 簡単には理解できていると 言う気にはなれません
 
だとすれば いまさらですが 親父とも もっと
 
いろいろ やりとりしておきたかった ふとそんな思いが湧いてきます
 
 
 
こんな親父への 思いをきっかけに 
 
人は 人のどこを 感じているのか?
 
そんな 疑問が でてきました
 
人は 人と関わって生きています
 
その係わり合いのとき
 
時には 惹かれ ときには反発を感じる
 
親子でも 夫婦でも 恋人でも 友人でも
 
 
 
多分 多くの人が 本質(自分自身 その人自身)を
 
理解し合い 認め合いたい 
 
それが 本来の人同士の係わり合いの在りかた
 
だと 気づいてはいるのでしょう
 
しかし、たいていは 行動や言動を 判断しているにすぎない
 
私には それが 現実の世の中だと 感じます
 
ですから、簡単に 人の評価を 変えられるのでしょう
 
簡単に 絶交できたり 別れたり 憎んだり 恨んだり・・・
 
 
 
本質を意識することは 
 
愛を理解するにも 重要なことではないでしょうか?
 
愛を 優しさと重ねる人も 多いでしょう
 
愛は優しさを 与えたくなる心であるはずですが
 
現在は 愛を優しさを与えてくれる約束事だと
 
誤解しているひとが 当たり前のように たくさんいます
 
そんな 愛の始まりですから 続くわけがないと
 
私は 想うことが 残念ながら あまりにも 目に付きます
 
  
 
斯くいう私も 親父との現世での別れを契機に
 
考えた 親の愛を 越えた愛を持てる人になれるのか?
 
戒めの 想いのなか 歩み始めたいと想っています
 
そして 見せ掛けの 出来事や 言動ばかりに
 
惑わされることなく その人 そのもの本質を
 
感じ関わっていけたらと想っています
 
そんな 関わりが持てていれば 
 
とても 幸せでいられる そう想えるのです
 
 
 
 
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- スピログ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]