忍者ブログ
ホムペにできないSpiritualカウンセラーの日々 案内書 わたしの活動のページ
プロフィール
HN:
peaceful-heart
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1961/02/10
職業:
Spiritual Counselor
趣味:
????たくさんあります
自己紹介:
1961年 水瓶座
医療機器技術営業 デザイン関連などを経て

20年余り前に 現在に繋がるアドバイス カウンセリングを
専業とする

私自身 勤め人 転職 失業 起業
人生の急激な転換 神経症などの経験 失敗 失態 など
いつ 思い返しても 奇異で 波乱ある 酸いも甘いもある
生きざまを経験してきました

これらも 今では 守護霊達の皆さんへのアドバイスの 通訳となる
私に 必要な理解力を養うための 必然だったと理解できています

私を訪ねてくれる方は、あの時の私と同じ 疑問と葛藤を持ち
人生どう進むか 本気 で考え始めて
このままで いたくない もっと こう なりたいと
いう想いを持った 多くのクライアントさんと出逢いました

それこそ さまざな職業 状況のかたのお話を聴いています
一般の方から 著名な方 人生の終焉を間近にされた方
芸能人と呼ばれる方 電話帳に載っていない職業の方
年齢 男女 の区別なく の出逢です
全ての方にいる 守護霊達は 別け隔てなく
皆さんの 成長と 充実感ある日々を 応援しています
あなたが 今より、ほんのすこし 本気 になれば
必ずや、状況は変えられます
私は これからも そんな皆さんの応援していければ
願っています
カウンター
最新CM
[06/23 サカタ]
[01/11 うみ]
[01/11 うみ]
[11/25 ガンコちゃん]
[10/27 サカタ]
最新TB
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


旅立ちのとき
 
正ちゃんを伴って 友人宅に 招かれました
正ちゃんに怯えた お嬢さんとは別の
ダンスパフォーマーのお嬢さんと
お嬢さんに負けないかわいいワンちゃんが迎えてくれ
しばし、談笑しながら 私は 正ちゃんが
俗に云う 悪い奴では ないと確信していました
なぜかと云えば ワンちゃんが 正ちゃんに
まったく警戒心をみせなかったからです
 
このワンちゃんは、友人達に ある状況から引き取られ
今があります そして ワンちゃんは以前より
のびのびと 安心して暮らしています
ですから、ワンちゃんには友人一家は今や大切な家族で
ワンちゃんなりに 家族に対する思いやりが伝わってきます
その ワンちゃんが 正ちゃんを持つ気に
心を許したのですから、私も 安心して
正ちゃんと共に帰宅しました
 
帰宅後 私が正ちゃんの相手ができない時には
守護霊たちに 正ちゃんを任せ
落ち着いたところで 正ちゃんの話を感じました
 
まず 他界した経緯の確認からです
なぜなら、不成仏になる原因のひとつに
死に方に 納得できないとのことが けっこうあるからで
正ちゃんの 現世にとどまっている理由を探る意味で
 
正ちゃんと対面してすぐに 「事故死」とは 聞いたのですが
彼には 辛い記憶なのは知りつつ、詳しく聴いてみたのです
 
やはり、正ちゃんにも 今も 生々しい記憶らしく
彼の話を 聴くつもりでいた 私の意識は
事故当時の 正ちゃん意識と リンクしてしまいました
私に 感じるのは 正ちゃんの体に伝わってくる
あの時の正ちゃんそのものです
 
バイクのエンジン音が ヘルメット越しに低く聞こえてきます
手が 悴むように冷たい、フルフェースヘルメットの
スクリーンには 雨粒と 前を走るダンプの巻き上げる水しぶきが
時折 飛んできます
スピードは、40~50でしょうか
正直 ゆったり走っている感じです
友達との約束の時間には 間に合う!!
彼に 焦りも感じません
ダンプの飛沫が 急にひどくなり
彼は 車間を開けようと軽くブレーキを
ふと グリップがなくなり 同時に対向車の飛沫が
まるで、横波ように 押し寄せてきました
 
視界が 遮られ 全身が ふわっと 浮いたような感覚
まずい!! 全身こわばります 視界が・・・
もどった ダンプの赤いテールランプが迫ってきます
想わず 左にかわします
でも その瞬間 また 路肩に たまった雨に
グリップを失い 飛ばされていく
バイクはガードレールにぶつかり
自分の身体だけが 飛ばされて・・・・・
次の瞬間、視界が真っ白に、雲におおわれた空が
強い衝撃が 背中に
あ~、やっちゃったぁ・・・
そこで彼の意識は 途切れました
 
・・・つづく
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- スピログ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]