忍者ブログ
ホムペにできないSpiritualカウンセラーの日々 案内書 わたしの活動のページ
プロフィール
HN:
peaceful-heart
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1961/02/10
職業:
Spiritual Counselor
趣味:
????たくさんあります
自己紹介:
1961年 水瓶座
医療機器技術営業 デザイン関連などを経て

20年余り前に 現在に繋がるアドバイス カウンセリングを
専業とする

私自身 勤め人 転職 失業 起業
人生の急激な転換 神経症などの経験 失敗 失態 など
いつ 思い返しても 奇異で 波乱ある 酸いも甘いもある
生きざまを経験してきました

これらも 今では 守護霊達の皆さんへのアドバイスの 通訳となる
私に 必要な理解力を養うための 必然だったと理解できています

私を訪ねてくれる方は、あの時の私と同じ 疑問と葛藤を持ち
人生どう進むか 本気 で考え始めて
このままで いたくない もっと こう なりたいと
いう想いを持った 多くのクライアントさんと出逢いました

それこそ さまざな職業 状況のかたのお話を聴いています
一般の方から 著名な方 人生の終焉を間近にされた方
芸能人と呼ばれる方 電話帳に載っていない職業の方
年齢 男女 の区別なく の出逢です
全ての方にいる 守護霊達は 別け隔てなく
皆さんの 成長と 充実感ある日々を 応援しています
あなたが 今より、ほんのすこし 本気 になれば
必ずや、状況は変えられます
私は これからも そんな皆さんの応援していければ
願っています
カウンター
最新CM
[06/23 サカタ]
[01/11 うみ]
[01/11 うみ]
[11/25 ガンコちゃん]
[10/27 サカタ]
最新TB
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 
 
先日 こんな 問いかけを
ご縁のあった皆さんに メールしました
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

最近 あるガイドがクライアントに呟くように言った詞です

『あなたにとって、家族とはなんですか!?」

あなたなら、どうこたえます!?

家族は 身近な存在です 切ろうと想っても容易く切れない存在です
日頃は意識していなくとも 大抵この思い込みが深く刻まれています

この想いが 家族間の多くのトラブルの原因になっているという
哀しい現実も私は 沢山 見てきました

ですから、一度 皆さんに考えて欲しいのです

家族の意味を!!

実は、私が見てきた トラブル家族の共通点があります
どの人も 甘えているのです 
家族には何をしても赦されると 疑わないのです

甘えるのも まだ就学前の子供ならわかります
ですが、現実は幾つであろうと甘えるのが当たり前と想っています

もし、甘え合うことが 赦し合えることがあるとすれば
 家族それそれが 自分のできるはずのことを 
各々しっかりと果たしているのが前提でしょう

さらに この甘えには 何かをしてもらうこと以外に 
態度という表現もとても多く確認できます
確かに 家族の前ぐらいは 
作り笑いも 空元気もしたくはないでしょう
正直な表情や態度もしてよいとは 想いますが 
大切な家族だからこそ 
こんな態度や 表情でしか接することしかできなくてごめんね!!

そんな心を 余程病的な心理状態でもなければ 
家族が対象といえども持たずに するべきではないはずです

それが 他人以上に大切な存在として 家族を想っているはずの 
人のあるべき姿だと おもいませんか!?

このことに 気づけていない人は 残念な結果として 
離婚したり 家族から 社会から 孤立していくのを 
これまた 多くみてきました

でも そうなって当然なのです 
例えば どんな人でも 恋愛中や友人知人には 
心に いい関係が続いてほしいという想いが強くありますから 
自然に譲り合えます
しかし、家族は何でも赦しあうものとしか理解できてない
稚拙な心の人は、結婚したりして家族という関係になると 
途端に 譲れなくなり、
先ず自分が優遇されてこそ愛されてる証という
説明しかできないような
傍若無人な 態度や表情をしてしまうのです
 
さらには そんな振る舞いをする自分でいることに
若しくは、そんな印象を家族に能えていることに気づいていなく 
自覚がないため家族が その事を指摘しても 
「嫌な思いさせてたの? ごめんなさい」と
謝罪することすらできなかったりします

これでは 家族で いたくないと
周囲に想われはじめても仕方ありません


どうですか 
あなたは家族に 大切に想う気持ちを歪めず
伝えることできていますか!?


家族は 社会の縮図です
家族間で人間関係に気をつかえなくては
社会で 恋愛で 結婚で 
上手くいかなくても不思議ではないのです

だって本当に大切なことを 
大切にできていないのですから!!
違うでしょうか!!

同時に 家族を本当に大切に意識できているなら 
自立するべきときは自立し 
突き放さなくてはならぬときは突き放し 
子離れしくてはならないときは子離れし 
と家族との適切な距離感を自ずと判断できるのだと想えるのです




先日、被災地のドキュメントを見ました 
それで 人の繋がり家族や人生について 
これまで以上に 改めて考えてみようと想い、
こんなメールになった気がします 
繋がれている 絆がある歓びをもう一度感じてもらえればと 
絆を真に大切にしているかと 
考えてもらえればと願っています


以上です ありがとうございました

counselor suzuki

 
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界
へ

拍手

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- スピログ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]