忍者ブログ
ホムペにできないSpiritualカウンセラーの日々 案内書 わたしの活動のページ
プロフィール
HN:
peaceful-heart
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1961/02/10
職業:
Spiritual Counselor
趣味:
????たくさんあります
自己紹介:
1961年 水瓶座
医療機器技術営業 デザイン関連などを経て

20年余り前に 現在に繋がるアドバイス カウンセリングを
専業とする

私自身 勤め人 転職 失業 起業
人生の急激な転換 神経症などの経験 失敗 失態 など
いつ 思い返しても 奇異で 波乱ある 酸いも甘いもある
生きざまを経験してきました

これらも 今では 守護霊達の皆さんへのアドバイスの 通訳となる
私に 必要な理解力を養うための 必然だったと理解できています

私を訪ねてくれる方は、あの時の私と同じ 疑問と葛藤を持ち
人生どう進むか 本気 で考え始めて
このままで いたくない もっと こう なりたいと
いう想いを持った 多くのクライアントさんと出逢いました

それこそ さまざな職業 状況のかたのお話を聴いています
一般の方から 著名な方 人生の終焉を間近にされた方
芸能人と呼ばれる方 電話帳に載っていない職業の方
年齢 男女 の区別なく の出逢です
全ての方にいる 守護霊達は 別け隔てなく
皆さんの 成長と 充実感ある日々を 応援しています
あなたが 今より、ほんのすこし 本気 になれば
必ずや、状況は変えられます
私は これからも そんな皆さんの応援していければ
願っています
カウンター
最新CM
[06/23 サカタ]
[01/11 うみ]
[01/11 うみ]
[11/25 ガンコちゃん]
[10/27 サカタ]
最新TB
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このごろ

アメブロに
 いろいろ 書いてます

PS 
近々 電子書籍 ビジネス編が出る予定です
こちらも
是非 よろしく
 


このごろ つながりを もっと感じたい
そう想ってます よければ 読者登録も 知らせてくださいね
コメントも 質問も 気楽にしてください
 
 
 
 
 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界
へ

拍手

PR
正ちゃんの言葉が続きます
「僕の勘違いかもしれなかったのかな?
できるだけ、楽にいることが、利口と謂うか
いいと思っていて、努力とか頑張るとか
疎かなことのようにしか
捉えてなかったように思えます」
 
……
 
どうして 急に そう感じたのかな?
「わからないけど、僕は、あの彼女より
あきらかに、自分のためにすら 一生懸命じゃなかった
それだけは、すごく思いました」
「だから、きっと気づかないうちに 何かを
たくさん、取り残しながら
いたように思えてなりません」
 
損をしたと 云うこと?
 
「損というより、たとえば友達の気持ちとか
周囲の僕を気に掛けてくれていた人達の思いとか
を 理解できてなかったような気がして」
 
!?、どんなこと、たとえば
「言ってくれたことを いま 思い返すと
その人達が、どれだけぼくのこと考えて
云ってくれてるのかとか
どんなことに、
気づかないとよくないと
教えてくれていたのかとか
考えていなかったような……」
「大切な部分を、理解できず聞き流していたように」
 
なるほどね
いちいち、考えるの面倒だった?
「そんな つもりではなかったですけど
考えられてなかったから
面倒くさがる人と 同じですよね結局!!
正ちゃんは すこしうつむいています
……続く
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

前回から、今日まで
正ちゃんは、私の仕事に興味を持ったようで
ほぼ、同行してくれていました
 
彼の中で 何かが変わり始めたのでしょう
此れまでは 遠慮もあったのでしょうが
今では その場で彼が 意見や質問を
投げかけてくれたりと
ただの傍観者から 明らかに行動が変わってきています
 
そういえば、彼も 男の子だったんだと 想う日がありました
何度も合っているクライアントさんが
近況報告で 尋ねてくれたときです
正ちゃんより 少し年上のとても前向きで
自分の人生を 自ら充実したものにしようと
とても、力強く 日々を送っている女性です
彼女の その はつらつとしたようすに
彼は とても、衝撃を受けたようでした
 
正ちゃんが 最初に そのクライアントさんについて
発した言葉が 「敵わないな!!」でした
いろんな 気持ちが込められた言葉のようです
私は、すこし意地悪かなと 想いながらも
彼に 聞き返します
「何が?」........
すると、すこし間をおいて
ハニカンダように
「僕の あこがれる性格なんですけど」
「彼女の話を聞いていて、僕にはなれない 敵わないと
何となく納得してしまいました」
そんな、返事が聞こえてきました
「話を聞いていて えっ、て 感じたのは
収入が 下がっても....
それは、会話の中で、クライアントさんが
近況報告の流れで ことばで表現されたフレーズで
多分、思い入れが強くあった言葉ではなかったでしょう
 
ですが、正ちゃんには、突き刺さる何かがあったようです
つづく
 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

今日、親父に 会ってきました
安らかな顔でした
92年3ヶ月と6日の人生を刻んだ顔には
なんとなく 満足気にすら 見えました
明後日 親父を送ります
親父の生きざまの半分強を 私は共有したのだな
そんなことを、永久の眠りを楽しんでいるように見える
親父の顔を見ながら思っていました
普通の人なら、こんな時
込み上げる悲しみがあるのでしょうね!?
しかし肉体を失っても 親父を感じる 私にはそこまでの感動はなく
この世で親父と思い出を積み重ねられなくなったことの寂しさが
すこしばかり、私の心を揺らしていました
同時に、親父と共有してきた思い出が、とても懐かしく、よみがえり
ありがとう と親父に語りかけています
以前 親父の入院についてふれたとき
 たくさんの方に 気にかけていただきました
ですから、そんな 皆様に この場を借りて
御礼と ご報告をさせていただきます

  
ありがとう ございました
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

仕事柄もあるのでしょうが このごろの teenager
弱い そう感じてしまいます
大人になることに意欲無く 目先のおもしろさや
楽しさばかりを むさぼる
 たしかに、日々の愚痴や嘆きばかり や 子供だましの
おだてなどばかり見せられて いては・・・・
 でも、同時に、あまりにも 世の中も 親も 豊かで
小さいころから当たり前に 何でもあり 便利
子供だからと 赦されないことが ほとんど無く
むしろ、子供だからと 傍若無人ですら 擁護され
そんな育ち方していれば、歳を重ねたと云うだけで
いきなり、責任だの義務だの 自立だの 押し付けられても
かえって窮屈で、気がのらないよ
そう 想っても仕方ないのかもしれません
 
これを 読んでくれた 親をやってる大人のみなさん
どう想います?
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

拍手

Copyright ©  -- スピログ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]